参加費無料!パワハラと言われないためのセミナー

2020年6月より施行されたパワハラ防止対策関連法について、
現状は努力義務の対象である中小企業にも、2022年4月から義務として適用されます。

そのため対象となる企業様は、就業規則の規定検討など今から準備を進める必要があります。

そこで本セミナーでは就業規則のパワハラ規定についてどのように対応を進めればよいか?
解説いたします。

また、実際のパワハラ加害者と被害者の経験も交えながら、どような行為がパワハラとなるのか?
そして、加害者にならないための怒りをコントロールする、アンガーマネジメントについてもご紹介いたします。
パワーハラスメント

参加者特典

使いやすいと好評です!

ご参加された方にこちらの特典を差し上げます!
  • 小冊子「ストップ!職場のハラスメント」
  • 当日の資料(PDFデータ)
※セミナー終了後、簡単なアンケートにご回答ください。
お申し込み時の住所に小冊子をご郵送いたします。

セミナー参加者様の感想

●教育が必要だと感じました
従業員に「どんな行為がパワハラに該当するか」を伝えるだけではなく、怒りを感じた時に「どのように指導するのか」「感情をコントロールするのか」までを伝えていく教育が必要だと感じました。
(H.S様)

●事業主の再発防止義務がわかりました
事業主の再発防止義務の具体的な手段がわかった。
(S.N様)

開催日時

日 時 :9 29 日 (水)14時から16時(受付13時50分)

対象者:

  • パワハラ防止法の概要を把握したい方
  • 社内の就業規定を、どのように対応させればよいか分からない方
  • 規定を法律に対応させるだけでなく、社員にも問題意識の醸成を行いたい方 など

※同業者、コンサルタントの方はご参加頂けません。

参加費:無料

形式 :オンライン会議ツールZoomにて開催。
お申し込み後、オンライン会議での参加方法をご案内いたします。

※オンライン会議ツールZoomは無料でダウンロードできます。料金は一切かかりません。
※パソコンやスマートフォンにはあらかじめzoomアプリをダウンロードしておいてください。
※「zoomアプリ」はこちらからダウンロードしていただけます。

https://zoom.us/download
※PC利用の方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。

セミナー内容

  1. パワハラ法の内容について
  2. 就業規則の対応方法
  3. パワハラの実例と企業とリスク
  4. 怒りをコントロールするアンガーマネジメント

講師プロフィール

真田直和(さなだなおかず)
人事労務リスクコンサルタント/特定社会保険労務士
真田直和社会保険労務士事務所/SANADAコンサルティング 代表

大阪商工会議所エキスパートバンク登録専門家
令和3年度 職場におけるハラスメント対策総合支援事業専門家
アンガーマネジメントファシリテーター(一般社団法人日本アンガーマネジメント協会会員)
商工会職員向け労務知識研修講師労務相談OJT指導役(中小企業庁委託事業)

よくあるご質問

 アンガーマネジメントとはどのようなことですか?

 怒りをコントロールするための手法です。

 セミナーでは顔を出さなくても良いですか。

 はい、大丈夫です。
   セミナー中に質問もお受けしながら実施します。
   お顔を出して頂くと嬉しく思います。

お申し込みフォーム

■ お名前、メールアドレス等をご記入ください。
会社名必須
お名前必須
郵便番号必須
都道府県必須
住所必須
小冊子のご送付先をご入力ください
電話番号必須
ご連絡がつく番号をお願いします
メールアドレス必須
必須


ご記入頂いた情報は、SSLによって暗号化され保護されます。
このフォームに記載された個人情報については「個人情報保護法」に 基づき、 お客様の同意がない限り、本目的以外には利用致しません。
必須事項に、未入力がありますと、お問い合わせメールを送信することができません。
ご確認のうえ、送信ボタンをクリックしてください。
未記入のまま、送信ボタンを押された場合には、未記入部分が赤字で表示されます。