パワハラ法対策とアンガーマネジメントセミナー

コロナで社会が不安と怒りにあふれています。
ニュースやSNSなどでは日々、不安や怒りの投稿が目立ちます。
私達はこれまでに経験のしたことのない不安、恐怖、怒りといった感情に向き合っています。
そうした中、パワハラ問題が増え、メンタルヘルス上の問題が大きくなることが懸念されています。

そして、2020年6月(中小企業は2022年)よりパワハラ防止法がスタートしました。
今後はますます、職場の安全配慮義務違反や使用者責任を問われます。

そこで本セミナーでは、
  • どのような行為がパワハラとなるのか?
  • パワハラ防止法による就業規則への対応方法について。
  • 怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」とは。
をテーマに、自身のパワハラ加害者とパワハラ被害者の経験も交えてご紹介いたします。
パワーハラスメント

セミナー参加者様の感想

●社員のハラスメントの訴えに対する適切な対応で悩んでいました。
●​先生の人柄と解りやすい講義が印象に残りました。
●部下の注意の仕方で悩んでいたので、大変勉強になりました。  
●パワハラと定義されるポイントや留意点など、大変勉強になりました。
●会社側として従業員に対してパワハラの事例を紹介するだけではなく、
 どのように感情をコントロールして伝えるかという指導法についても
 教育していくことが重要だと感じました。

開催日時:(終了しました)

日 時 :6  19 日 (金)14時から15時(受付12時50分)
対象者:経営者、管理職、役職者様へ
参加費:無料
形式 :ZOOMによりWEB形式

セミナー内容

  1. パワハラについて
  2. パワハラ防止法による就業規則への対応方法について
  3. パワハラの実例と企業リスクについて
  4. 怒りをコントロールするアンガーマネジメントについて

講師プロフィール

真田直和(さなだなおかず)
人事労務コンサルタント/特定社会保険労務士
真田直和社会保険労務士事務所 代表
アンガーマネジメントファシリテーター(一般社団法人アンガーマネジメント協会員)
大阪商工会議所エキスパートバンク登録専門家
大阪産業創造館経営相談室あきない経営サポーター