サービスに関するよくいただく質問

他社と比較して決めたいので、見積もりだけでも良いですか?

 

全く問題ございません。お見積りをご依頼ください。
お客様の中には見積もりサイトからご依頼いただくこともあります。お見積り頂いても無理な営業は一切行いませんので、ご安心ください。

これまで顧問料を払って社労士にお願いしたことがないのですが、どんなメリットがありますか?

 

問題発生のたび、相談や就業規則の変更、契約書作成などを依頼すれば結果として費用も割高になります。
当事務所は日頃からお話させて頂くことで、問題を発生させない運用のアドバイスをさせて頂きます。
顧問料のみで、規程などの変更や助成金の申請で追加料金は頂戴しておりません。
ご安心ください。

社労士に何をお願いするのですか?役所に聞けば教えてもらえますが。

 

一般的には労災保険、雇用保険、社会保険の事務手続きが多いと思います。ただ、当社のお客様は殆どがそれらを自社でされています。また、労使トラブルや労働基準法、就業規則なども役所(労働基準監督署)に聞くこともできます。しかし、役所は労働者を保護し、会社を指導する立場にあります。会社の「ホンネ」を信頼して聞くことができるのでしょうか。本当に知りたい情報や方法を経験豊富な社労士にお聞きするほうが良いと考えています。

どのようなサービスなのか?どこまで対応してくれるのか?を説明してくれますか?



はい、すぐにご訪問してご説明いたします。ご対応できる範囲や契約後の打合せ方法、料金などをご説明させていただきます。その際、お困りごとがあればご相談ください。

助成金申請だけをスポットでお願いできますか?



もちろん、お引き受けいたします。しかし、助成金は計画書提出や採用から最大で1年後の申請となります。
その間の管理がとても重要となります。賃金や勤務時間などの労働条件が違うとの理由で不支給になることもあります。
毎月の管理のためにも助成金も無料の労務顧問をおすすめしております。
「成功報酬だから助成金がもらえないと、手数料を請求しません。」では困りますよね。
必ず助成金の受給を目指します。

労働保険や社会保険の書類の作成と届出、給与計算などはしてもらえますか?



お引き受けいたします。しかし、当事務所は貴社にて手続きすることをご提案しています。
社労士やアウトソーシング会社に依頼するためには、その情報を渡す手間が発生します。
したがって、アウトソーシングでのコスト削減の効果は、期待するほどないと考えています。
最近は簡単に処理できるソフトもございますので、
会社様にとってもっともベストなご提案させていただきます。
お引き受けしない場合でも、書類の手続き方法など不明点はアドバイスいたします。