みなし残業や不当解雇など労使トラブルの解決、
労働基準監督署の是正調査対応

従業員の主張がすべて正しいばかりではありません

もちろん労働基準法などの法律は守らなければなりませんが、
「採用時にみなし残業は説明していた。」
「その手当は残業手当のつもりで払っていた」など
しっかりと説明してるケースは多くあります。

労使トラブル・労使紛争の解決事例

約1,000万円の残業を請求されました!!

私の会社は運送業です。あまりにも勤怠が悪く、配送業務でもミスが多いので、
そのドライバーに対して能力がないことを理由に、本人も同意のうえ
退職を勧めて辞めました。
後日、弁護士を通じて約1,000万円の残業が未払いだと請求してきました。
それを拒否するとさらに、約500万円で和解しないか?と提示されました。 続きを読む

 

ある工場での社員、パートの残業代が支払われていないと調査が!!

ある工場での社員、パートの残業代が支払われていないと調査が入りました。
過去2年にさかのぼって支払うように労働基準監督署より命令され、
その総額は約800万!!。 続きを読む

あきらめることはありません

中小企業の場合は、契約書など書面にしていないことも多くあります。
口頭では説明しただけで、運用していることもあります。

労使トラブルになると「そんなことは聞いていない」など
従業員の主張どおりになっているが多いです。

しかし、書面だけがすべてではなく、実態として判断した判例
も数多くあります。
そのためにも、しっかりとヒアリングさせて頂き、対応方法を
検討いたします。

ご相談から解決までの流れ

ご訪問にて対応いたします。
必要に応じて従業員様との面談や説明会にも同席が可能です。
また、労働基準監督署の是正対応は、窓口対応から報告書作成まで
対応いたします。


ステップ1

まずは、どのようなことが問題になっているのか?確認させていただきます。
 

ステップ2

その問題が発生した原因をヒアリングさせていただきます。
そして、その原因の背景もしっかりとヒアリングいたします。
お客様は思いのままお話しいただければ結構です。
こちらにてポイントになるところをピックアップしていきます。
 

ステップ3

原因と経緯をお聞きしたうえで、当事者双方が納得できる解決策にて対応いたします。
もちろん、法律的の説明や対応方法は必ずお話させていただきます。