よく利用される助成金情報

企業経営は「ヒト」「モノ」「カネ」(人材・設備・資金)といわれています。
それらの経営資源を充実させる助成金・給付金が厚生労働省から数多く出されています。
そのほとんどは、業種を問わず活用できるものです。

しかしながら、「よくわからない」「手続きが面倒だ」などの理由により多くの会社に活用されていないのが現状です。

ここでは、厚生労働省関連の助成金・給付金の中でも使い勝手の良いものを取り上げて紹介しています。
 

助成金ってなに?

助成金は返済不要!
助成金は国の施策を実現するために支給されるものです。
助成金は返済する必要のないお金なので、企業経営に大きなメリットとなります。
 

助成金の財源は労働保険料

厚生労働省関係の助成金は、会社が支払っている労働保険料の一部を財源としています。
保険料を支払うだけでなく制度を有効活用しましょう。

※助成金情報は原則的な内容をご紹介しています。
実際の申請には詳細な要件がございますので、記載内容だけで助成金を受給できるものではありません。

詳細はお気軽にお問い合わせください。
↓お問い合わせページはこちら↓

https://www.nsanada-sr.jp/contact.php

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

​有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するために、正社員化、処遇改善の取り組みを実施した会社が利用できます。

詳細ページはこちらからご覧ください。

人材開発支援助成金(特定/一般訓練コース)

職業訓練等を計画的に沿って実施した会社に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部が支給されます。


詳細ページはこちらからご覧ください。
 

特定求職者雇用開発助成金

就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の被保険者)として雇い入れる会社が利用できます。


詳細ページはこちらからご覧ください。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

ハローワーク又は職業紹介事業者等を通じてトライアル雇用(原則3か月間の有期雇用)の求人及び紹介により、一定の要件を満たす人を雇い入れた会社が利用できます。

詳細ページはこちらからご覧ください。

人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)

人事評価制度と賃金制度(以下人事評価制度等)の整備を通じて、
生産性の向上と、賃金アップ、離職率の低下に取り組む会社が
利用できます。


詳細ページはこちらからご覧ください。

人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)

従業員の離職率低下に取り組む会社が、従業員の身体的負担の軽減、賃金体系など評価・処遇の改善、研修の実施、健康管理など従業員の雇用管理改善を図った場合に利用できます。


詳細ページはこちらからご覧ください。

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

「育休復帰支援プラン」を作成し、プランに沿って労働者
(雇用保険被保険者)に
育児休業を取得、職場復帰させた会社が
利用できます。


詳細ページはこちらからご覧ください。

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用者の雇用管理制度を整備し、中途採用率を向上させる
又は45歳以上の方を初めて採用する会社が利用できます。


詳細ページはこちらからご覧ください。
 
診断はたったの5分!!12問の質問に答えるだけでどのような助成金に診断します。