部下の叱り方で言ってはいけないフレーズ

部下の叱り方で言ってはいけないフレーズ

[カテゴリ] 人事について
[更新日] 2021/10/4
上司が部下を指導することはとても重要な役割です。
そこで指導の仕方がとても重要になりますよね。

たとえば、部下にお願いした仕事が上司の思うように進んでいない時。
部下から仕事が進んでいない理由を聞いて、「言っていることは良く分かるけどな」。
さらに「できないならもうやらなくていいよ。代わりにするから。」と叱ることはないでしょうか。
声を荒げることもなく、ただ叱るだけなのでパワハラにはなりません。

しかし、これは最悪ですね。
そもそも現場作業から離れた上司ができることは少ないです。
それは部下もわかっています。
そうすると、「やれるものならやってみろ」と部下が思ってしまいモチベーションが下がります。
さらにその仕事を代わりの社員に変更するなどすれば部下を失望させてしまいます。

指導するためには叱る場面もあると思います。
その時の感情に任せて本来の目的を見失います。
叱ることができるようなワードを常日頃から考えて必要がありますね。
コラムカテゴリー

月別一覧
2021年11月(1)
2021年10月(1)
2021年9月(1)
2021年8月(1)
2021年7月(1)
2021年6月(1)
2021年5月(1)
2021年4月(2)
2021年3月(2)
2021年2月(2)
2021年1月(2)
2020年12月(1)
2020年11月(2)
2020年10月(1)
2020年9月(2)
2020年8月(1)
2020年7月(2)
2020年6月(3)
2020年5月(1)
2020年4月(2)
2020年3月(2)
2020年2月(2)
2020年1月(2)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年9月(3)