人材不足の状況は昔も今も同じ職種

人材不足の状況は昔も今も同じ職種

[カテゴリ] 人事について
[更新日] 2022/8/8
エン・ジャパン株式会社が、『人事のミカタ』上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に「2022年の人材不足の状況」についてアンケート調査を行ない、その結果を公表しています。
525社から得た回答をまとめたものだということです。
 

調査結果のポイント

1.現在、貴社では人材が不足している部門はありますか?
  • ある    82%
  • ない    17%
  • わからない   1%
殆どの企業で人材不足を感じています。
その内訳は以下のようです。

2.不足している職種について教えてください。
(現在、人材が不足している部門が「ある」と回答した企業限定。
複数回答可。上位のみ紹介)
  • 営業職                     28%
  • 技術職・エンジニア(WEB・システム)       20%
  • バックオフィス職                13%
  • 施設・設備管理、技能工             12%
  • 運送・流通                   12%
  • 技術職・エンジニア(電気・電子・機械)     12%
  • 技術職・エンジニア(建築設計・土木・プラント)   9%
営業職と技術職が不足している状況です。
しかし、営業職はこれまでも採用で苦戦している職種だと思います。
その理由はきつい、不安定、残業代なし、などの理由ではないでしょうか。

3.人材不足の状況に対して、2022年はどのような対応をお考えですか?
(現在、人材が不足している部門が「ある」と回答した企業限定。
 複数回答可。上位のみ紹介)

 ・人材採用を強化                 76%
 ・既存の業務を効率化する(ICT化、標準化)     30%
 ・既存社員の教育、能力向上            27%
 ・社員のモチベーション向上のため、処遇見直し   21%
 ・不必要な業務をやめる(アウトソーシング含む)  15%
 ・部門間・社員間の業務を平準化          12%
 ・経営者や管理職が作業を補う           12%
 ・残業、休日出勤などで対応            10%

人材採用を強化するという考えの企業が多いようです。
しかし、ただ強化するといっても具体的にどのような教科なのか。
たとえば、採用ホームページの見直しや採用ルートの拡大、見直しなど。

それよりも、採用する職種の魅力やその職種が企業でどのような役割があるか。
これから働く人に共感してもらえる内容をアピールすることに専念すれば良いと思います。

調査結果の詳細は下記でご覧いただけます。
https://q.bmd.jp/91/266/6591/88105
コラムカテゴリー

月別一覧
2022年9月(1)
2022年8月(1)
2022年7月(1)
2022年6月(2)
2022年5月(1)
2022年4月(2)
2022年3月(1)
2022年2月(1)
2022年1月(1)
2021年12月(1)
2021年11月(1)
2021年10月(1)
2021年9月(1)
2021年8月(1)
2021年7月(1)
2021年6月(1)
2021年5月(1)
2021年4月(2)
2021年3月(2)
2021年2月(2)
2021年1月(2)
2020年12月(1)
2020年11月(2)
2020年10月(1)
2020年9月(2)
2020年8月(1)
2020年7月(2)
2020年6月(3)
2020年5月(1)
2020年4月(2)
2020年3月(2)
2020年2月(2)
2020年1月(2)
2019年12月(2)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年9月(3)